#

施設

美を意識し、
街と共存する教育姿勢。

美的感覚を養うスマートな校舎。多目的に利用できる新館の増設。

“柏”は若者を中心とした新しい文化の発信基地ともいわれています。 そして、美容専門学校は新しい文化の担い手を育成する場です。設計にあたっては単なる学校建築をこえて美を想像するショールームであるべきだと考えました。 明るく開放感のある演出をするために、光採を配慮した広い窓や、キャンパスの代わりとなるゆったりとした階段とテラスを設けてあります。窓越しに映る実習風景は人々の視線を集めます。“見る・見られる・見せる”という美容の本質を都市のランドマークという形で柏の街に配置しました。

さらに、2007年完成の新校舎では、本校舎と同様に光採を考えた、実際のヘアサロンの店舗として使用できる造りに設計。本校でのアンテナショップや、現場の雰囲気を感じてもらえる、研修施設として利用できるイメージで施工しています。

地引重己建築設計事務所/代表 地引重己

多目的に考えられた別館

'07年に別館として、実際のヘアからエステティックサロンとして利用できる校舎を建設。実際のお店の雰囲気の中での実習や、いずれアンテナショップとして、卒業生等の技術向上の場としてオープンできるように校舎同様、光と空間を考えた設備にしています。

#
外観
#
2Fシャンプー室
#
2Fエステ室
#
3・4・5F教室
#
エントランス
#
2Fシャンプー室
#
3・4・5F教室
#
6Fフロア